性器ヘルペスに関する素朴な疑問があるのであればこのページで解決!

ヘルペスにはさまざまな種類があり、それぞれの症状というものがあります。今回は「性器ヘルペス」について見ていきたいのですが、性器ヘルペスについてのよく抱かれがちな疑問点などを中心に触れていきましょう。単純性ヘルペスウイルスという点では同じなのですが、口や顔などに出来るヘルペスは「1型」と呼ばれるものです。

そして、性器ヘルペスの場合は「2型」と呼ばれるものと成っています。ですので、違うと認識しておくと良いでしょう。治療で症状を抑制することは可能ですが、その源であるウイルスそのものを死滅させることは現在はできていません。頻繁に再発する方においては、それを抑える治療法もありますので取り入れていくとよいでしょう。

妊娠期間中に性器ヘルペスを患ってしまった。そのようなケースにおいては「母子感染」を防ぐことが最優先されます。このことから、出産ぞにヘルペスの病変部があるという場合には帝王切開をすすめるケースが多いでしょう。性器ヘルペスでなくても、口唇ヘルペスの症状がある段階でオーラルセックスをすると、パートナーの性器に感染させてしまう可能性もあります。

ですから、口唇ヘルペスを発症している場合にはこれらを避けることが大切となってくるのです。今回は、性器ヘルペスについて抱かれることが多い疑問点などについて考えていきました。知識を持つことは予防という意味合いにおいても大切なことと思いますので、把握しておくと良いでしょう。