性器ヘルペスに対する再生抑制療法という選択肢について

性器ヘルペスはその名前の通り、性器もしくはその周辺にヘルペスができる状態の事を言います。また、この性器ヘルペスを何度も経験してしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方々の中には「再発抑制療法」をとりれたいという方もまた多いのです。

そこで今回は、再発抑制療法について見ていきましょう。性器ヘルペスの症状が見受けられる前に、抗ウイルス剤を投与し、ウイルスの増殖を抑えて再発回数を選らすという治療法になります。現在、世界50カ国以上で取り入れられている治療方法でもあるのです。

有効性と安全性が確認できているという事から多くの方が実践されているのです。通常の治療ですと、性器ヘルペスは症状が出てから抗ウイルス剤を投与します。しかしそれは神経節の潜伏しているヘルペスウイルスを死滅させることはできないのです。

ですから再発をしてしまうとということになってしまいます。そこで事前に抑制することによって再発の可能性を下げているわけです。「自分もぜひ取り入れたい」という方もおいでのことでしょう。しかしこの再発抑制療法にはいくつかのガイドラインがあります。

まずは、年に6回以上の再発を繰り返している場合とされています。もし、上記のガイドラインに該当するという場合には医療機関を受診し相談してみるのも良いかもしれません。何度となく性器ヘルペスを再発させている方は精神的に苦痛や不安感を抱いてしまうという方も多いのです。

そうした苦痛を解消する手段としては非常に有効的な治療方法という事が出来るでしょう。