性器ヘルペスは自らチェックできるのか?出来ない場合はどうするべきなのか?

性器ヘルペスかもしれない。そのように思われた際には医療機関を受診するのがもっとも安心できる方法といえるでしょう。しかし、自覚症状が無いなどという方の中で「定期的なチェックをしたい」という方もまたいらっしゃるのです。そのような方に取り入れていただきやすい検査キットについて見ていきましょう。

性器ヘルペスは男女関係なく、感染者の多いものともいえます。生命をおびやかされるなどという病気ではありませんが、女性の方などにおいては、放置をしていると不妊症につながってしまうなどということもあるのです。だからこそ、早期発見と治療が大切なのです。

そこで、近年注目をされているのが自宅で簡単にできる「郵送性病検査」と呼ばれるものです。システムについて簡単に触れておきましょう。まずはインターネット上から申し込み手続きを行い、キットを郵送してもらいましょう。その後、検査道具を使って自己採取していただきます。

尿や血液を採取するのですが、非常に簡単に採取していただけるようになっています。そして、ポストに投函をすると後日検査の結果が送られてくるというわけです。定期的にこうしたシステムを取り入れて自らの状態を知るというのもおすすめです。

健康を保持するという意味合いにおいても有意義なことでしょう。ただしこちらはあくまで「検査」であり「治療」ではありません。疑いがあれば病院でしっかりと治療を受ける必要があります。自分が罹患しているかどうかのチェックという意味合いはもちろんですが、性器ヘルペスに対する意識を持つという事においても有効的なものといえるでしょう。