どんなフローリングでもフロアコーティングって可能なの?

フロアコーティングってどんな床でもできるの?けっこう古くなった床でも大丈夫? - どんな床でもコーティングって出来るの?

どんな床でもコーティングって出来るの?

フロアコーティングを検討し始めると、自分の家のフローリングがコーティング出来るかどうかって気になりますよね。

●床暖房機能がある床

塗料に耐熱熱性のあるコーティングをすれば問題ないです。おすすめはUVコーティングです。紫外線を照射する事によって塗料を瞬時に硬化させるので、他のコーティング方法に比べるとはがれにくく耐久期間が長いのが特徴です。熱湯をこぼしたり、まだ火が残っている煙草を落としても床に痕が残りません。
家庭で使われている床暖房は25度くらいが一般的ですから、基本的にはどのコーティング方法でもOK。ですが耐久性の問題もありますので一度業者に確認するようにしてください。

●柔らかい材質のフローリング

柔らかい素材のフローリングの場合はコーティングできないこともあります。まず床材のメーカーや型番を伝えて対応可能か調べてもらいましょう。業者によってコーティング出来る材質が違うので1度断られてもあきらめず何社かに相談するといいです。
htrjyrr
●床に傷がある
傷の大小にかかわらず、傷が目立つ場合は先に補修をする方がいいです。なぜなら床に傷があるままコーティングをしてしまうと、その後補修する事は基本的出来ないからです。

●床にワックスが既に塗られている場合

ワックスを何重も塗っている床は業者に要相談です。まずはワックスを落としてからコーティングをしなければいけないので、追加料金がかかることもあります。しかしコーティングとは違いワックスは除去可能なのでコーティング自体は問題なくできます。

●フロアコーティングとは

簡単に言えばフロアコーティングとはフローリングを保護し、長時間美しい状態に保つための施術です。フロアコーティングによってワックス掛けの必要がなくなるので、日々の手入れも簡単になります。普通のフローリングでは出来ない水拭きが出来るので毎日清潔に床を保つことが出来ます。そして滑りにくい種類のものを選べば、小さなお子さんやお年寄り、室内犬がいる家庭も安心です。

●フロアコーティングの種類

フロアコーティングにはいくつか種類があります。その部屋の用途や外観の好み、予算に合わせて選ぶことが出来ます。また、部屋ごとに変えることも可能です。

・ガラスコーティング

ガラスコーティングは高度が高いの野が特徴です。耐水性にも優れており紫外線にも強いのでどのような部屋にも適しています。また耐薬品性もあるので掃除の際の洗剤選びやペットのおしっこも気にする必要がありません。

・UVフロアコーティング

特殊な樹脂を焼き付けることによって、コーティングを行います。乾燥する時間を必要としないため、入居中の家でも施術が可能です。傷にも強く耐水性に優れているのでキッチンやダイニングの床に選ばれることが多いです。

・シリコンコーティング

滑りにくさをコーティングに求めるならシリコンが一番です。お年寄りやペットがいる家庭なら安全性を考えるとシリコン
コーティングが一番適しています。撥水性が高いのが特徴で汚れがつきやすい場所、キッチンなどによく使用されます。

・ウレタンコーティング

摩擦に強く、家具の引きずった際に出来る傷の防止にとても有効です。20年以上前からあるフロアコーティング方法です。

更新情報

アーカイブ

フロアコーティングサイト
Copyright(C)2015 どんなフローリングでもフロアコーティングって可能なの? All Rights Reserved.