性器ヘルペスに罹患してしまった際にあなたが取るべき行動のまとめ

性器ヘルペスに罹患してしまった。そのような場合にはまず「治療をする」という事が大切に成ってきます。しかしながら、初めて罹患された方などにおいては治し方を知らないという方もいらっしゃることでしょう。そこで「性器ヘルペスの治し方」について考えていきましょう。

■まずは抑えておきたいその症状
最初に、性器ヘルペスの症状について触れておきましょう。籍ヘルペスは「単純ヘルペスウイルス」と呼ばれるものが原因で発症する疾患です。すぐに自覚症状が出るというわけではなく、官憲をするとしばらく潜伏期間があり、平均すると2014日前後ともいわれています。

徐々にかゆみや痛みを性器もしくはその周辺に感じるようになるでしょう。その後、感染部位に水泡やただれ・腫れが見受けられるようになり、かゆみや痛みが強くなっていくこともあるでしょう。特に女性の場合は、排尿時に痛みを感じたり発熱してしまうというケースもあるのです。

性器ヘルペスは自然治癒するものなのか

性器ヘルペスに感染し、自覚症状が現れても2週間04週間前後で水泡がつぶれ痛みやかゆみが治まったという方もいらっしゃるかもしれません。痛みなどがなくなると、自然治癒したのだと思われることでしょう。しかし、その病原体である単純ヘルペスウイルスは完全に死滅していないのです。

また、放置するということは重症化することにもつながりかねませんので、こうした治療方法はおすすめできません。

■治療方法について
ではここで、具体的な治療方法について触れていきましょう。医療機関を受診し、医師の診断と処方によって進められます。一般的には「投薬治療」を行うことと思います。投薬内容ですが、主に飲み薬・塗り薬を用いて治療をすすめていきます。しかし、ヘルペスの症状によっては点滴による治療などが求められることもあるかと思います。

性器ヘルペスに罹患してしまった際にあなたが取るべき行動のまとめ

さらに、激しい痛みがあるという場合には、抗ウイルス剤とは別に鎮痛剤などを処方されることもありますし、細菌感染の歌会が見受けられるという場合には、抗生物質などを処方されることもあるでしょう。

■病院外で治療薬が欲しいという場合
性器ヘルペスの治療薬である抗ウイルス剤は医師の処方が必要となります。ですから、ドラッグストアなどで購入することは不可能となっています。しかしながら、個人輸入という形で取り入れることは可能だとはいえます。個人で使用する範囲であれば法律にも抵触はされません。

しかしながら、海外医薬品というものは国内未承認薬である可能性も高く、薬そのものの品質はもちろんですが、薬品そのものの効果・副作用など全て「自己責任」になってしまいます。リスクもそれなりにあるという事がいえますので、やはり医療機関を受診していただくのが良いでしょう。

■早く治したいという方へ
いち早く性器ヘルペスを治したいという場合、大切なのは「早い段階で病院を受診する」ということでしょう。早い段階で治療を開始すれば早い改善も期待できるのです。また、処方された薬剤をしっかりと使用することなども大切なことなのです。

■ヘルペスの治療方法について把握すること

いくつかの治療について触れていきましたが、やはり一番安全なのは医師の指示をあおぐことだとお分かりいただけたかと思います。特に、初めて罹患をされたという場合には症状が大きくなりやすいので「いつもと違うな」と感じたら病院へ行くよう心がけましょう。

また、罹患中は性行為は避けるようにしてください。

これより更にヘルペスについての詳しい情報をお求めであれば、是非とも『アイドラッグマート』という医薬品通サイトをご覧になってみてください。ヘルペスウイルス科とはなんぞやという疑問を解決するのに最適な情報を得ること出来るかもしれませんよ!